スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?10 【ベストキャラ・OP・ED賞】

今回は
○ベストキャラクター賞
○ベストOP賞
○ベストED賞
です。あくまでも僕、個人が勝手に決めたので…


○ベストキャラクター賞 伊達正宗(戦国BASARA2)

○ベストOP賞 「My Secret」(会長はメイド様! OP)

○ベストED賞 なし


以上で終わりたいと思います。
スポンサーサイト

今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?10 【アニメ評価・その2】

前回の続きです。その2は(けいおん!!、世紀末オカルト学院、会長はメイド様!)を評価します…
というかこの5つしかまだ、最後までいってはいないけど…

○けいおん!!
ストーリー 3.0   
キャラ   5.0
画 4.0
演出 4.0
音楽 3.0
総合的評価 4.0



【合計】23点

(ちょっと感想)
 僕的には2期になって、結構「卒業」というテーマに向かっていることを見据えながら…いつも通りの日常の軽音部ライフを送っていたと思いました。
 個人的には2期になって、キャラが立ってきていて…そこの部分でのぷっとした笑いやらが楽しかったかなあ…
 例えば、ムギちゃんが実はボケてみたいと衝撃発言を出したり、りっちゃんが以外と家庭的なところを見せたり、あずにゃんは何だかんだで軽音部の毒に慣れていたりみたいなところかな?
 ただ、少し残念なのは…所々でこのか言って必要があったのかなあ?と思うところ。まあ、ネタ化してますが「マラソン大会!」がいい例かと。
 いろいろなことはあったけど、何だかんだで楽しんでいたこの作品…僕も毒が廻ってきたのか??




○世紀末オカルト学院
ストーリー 4.0   
キャラ   4.0
画 4.0
演出 4.0
音楽 4.0
総合的評価 4.0



【合計】24点

(ちょこっと感想)
 まあ、何がともあれ…最終回でいろんな意味でえー!だった作品でした。
 だけど、オカルトネタなどをふんだんに使ったのは結構おもしろかったです。こずえのアホな行動には若干、呆れたり笑えたり…というか、あの人はオカルトを自分では体験していないと言っているけど、一番体験しているような気が…
個人的には文明のヘタレさも気に入っていました。ある程度までかっこよくても…結局は胸の大きい方に行くところが…まあ、最後はスプーンを使って頑張って敵を倒しましたが。

オカルトネタに嫌悪があったり、あくまでもストーリーがいいものが…というひとはどうでしょうが…それ以外の人には夏のアニメでは薦めたいと思っています。

○会長はメイド様!

ストーリー 3.0   
キャラ   4.0
画 4.0
演出 4.0
音楽 4.0
総合的評価 5.0



【合計】24点

(ちょっとだけ感想)
イケメン補正☆アニメとでも言ってみましょうか…
会長と碓氷君を2828しながら見ると会長のデレが可愛かったり、碓氷くんのイケメンタイムに眩しい!と感じるものです。
 そして、さりげに3バカの扱いが話を追うごとに酷さを増していくところも見所です 笑)
 個人的に好きだったのが、漫画で出てくるような「ペラペ~ラ」などの文字演出。あれがあって、かなりコミカルに感じました。
 最終回は恥ずかしいほどに2828が止まりませんよ~

以上でとりあえず、感想等は終わりです。

今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?10 【アニメ評価・その1】

では、前回の挨拶と期買う説明を一通り終えたので、省略して早速まいります。

○戦国BASARA弐
ストーリー 3.0   
キャラ   4.0
画 4.0
演出 3.0
音楽 4.0
総合的評価 3.0

【合計】21点


(一言感想)
 深夜時代の足軽が吹っ飛んだりするはっちゃけ感を僕は期待していたので、そこら辺が少し物足りなかったなあ…と感じました。ですが、真田の旦那が今回成長を見せてくれたので、ただの熱いバカから志を持ったところは物語としては良かったかな?と感じました。
今回は意外と慶次が活躍していたので、お猿さんの夢吉の可愛さが倍増でした!

○生徒会役員共
ストーリー 3.0   
キャラ   4.0
画 4.0
演出 3.0
音楽 3.0
総合的評価 4.0

【合計】21点


(一言感想)
 夏のアホ及び下ネタアニメの一つとして、見ていました。何というか…とことん下ネタに走ったものだ・・・
OPのモザイクネタは最初は吹き出してしまいました!あれは斬新だった・・・
で、肝心の中身はと言うと…生徒会の女子が下ネタを言いまくるそれだけのアニメ。
実は中身があまり思い出せないのですよあははwww
まあ、最終回のBパートはいい意味でひどかったです。しかも…さりげに「薄桜鬼」の宣伝まで。
とにかくスタッフさんが遊んでいたアニメでした・・・

今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?10 【企画説明】

こんばんは。こっちでは、雨が降っていて何だか嫌な湿気の日で…せっかくの休日なのに洗濯が・・・

まあ、そんなことはさておき、今日はlivedorブログ「アニメについてぼそぼそ語る人」の企画「今期終了アニメ(9月終了作品)の評価をしてみないかい?10」に参加するので、

今回は前期(9月終了)のアニメを各5点満点、合計30点満点で自分なりの感想とともにお届けいたします。
以下、今回の評価の話です。こういうところを見ていきましたので、皆様も参考にでもなれば…と思います。

<評価項目について>

今回、作品を評価するにあたって評価項目を6つ設けることにしました。具体的には以下の通りです↓

ストーリー
キャラクター性

演出
音楽
総合的な評価


続いてそれぞれの項目について説明させていただきます

ストーリー・・・脚本、設定も含めて、破綻がないか。テーマ性を貫けていたか。そしてオチがしっかりしていたか等。

キャラクター性・・・キャラクターの魅力。キャラクターと声優の声のイメージが合っているか等。

画・・・キャラクターデザインに忠実か。作画の破綻、崩壊がないか。よく動いてるか等。

演出・・・声優の演技。盛り上がりを作れているか。BGMや挿入歌が効果的に使われているか。カメラワークや構図の工夫。各話の引き等。

音楽・・・OP・EDが作品の雰囲気に合っているか。BGMや挿入歌の評価等。

総合的な評価・・・この作品を面白いと思ったか、また満足度。他人に薦められる作品か等。


<評価項目は各5点満点>

それぞれの評価項目は各5点満点となっております。6項目ありますから、それらを全て加算した総合点は30点満点となります。

一応評価の指標として、5点:とても良い 4:良い 3:普通(及第点)
2:惜しい。何かが足りないレベル 1:悪い 0:かなり悪い


次回よりアニメの評価をするので・・・

おとめ妖怪ざくろ #1話 感想

皆様はいかがお過ごしでしょうか?
僕は相変わらず学校でも家でも寝ています。 コラッ!)

秋アニメも本格的に始まって何を見ようか、何を切ろうかを悩む。まあ、今回はおとめ妖怪ざくろの感想でも。

とりあえず、これを一言で表すと、
ヘタレ軍人を半妖のざくろが調教するギャグアニメですね!!
いや、ほんのジョークですよ。

今回は軍人さんが半妖の元に行って、そこでのゴタゴタという感じかな?

何だか、ものすごくBGMが恥ずかしいなあ…と思うのは僕だけであろうか。

でも、あの軍人・碓氷め!抱きついて、フラグを完全に成立かと思わせておいて、厠って…妖怪が苦手だからとはいっても女性に頼るのですか。何と情けない。

さらには、次回予告は自分は活躍しないのですか…とんだ、ヘタレの登場ですね!

そして、蛍のパートナーである長身の軍人さんが良いなあ…
何だか、思いやりがあるみたいな感じで…いやあ、男でも惚れるわ。

あ、ひとつ言っておきますけど、僕は恋愛遍歴は普通ですから安心してください!

というわけで、後、何回主人公のパートナーのヘタレが見れるのかがしばらくの楽しみの一つかな?

では~また。
次は不定期で書くアニメ作品の感想でも考えています。

テーマ : おとめ妖怪 ざくろ
ジャンル : アニメ・コミック

薄桜鬼 碧血録 1話 (薄桜鬼 13話) 感想

今日は皆さんはどうお過ごしでしょうか?こっちの地域では雨が降って、ものすごく眠いです。

まあ、前置きはこのくらいにして…僕の秋新作アニメ第2作目は「薄桜鬼 碧血録」。4月より放送されていたものの続編です。

まず、最初に一言言っておきますと…
もう、これから、悲しくなる展開しか見えないのですけど…

前作で鳥羽伏見の戦いで敗れて、江戸での屯所生活が再び始まりますが…

土方さんは幕府に新政府軍との戦を掛け合って全く寝ていないみたいで、クマが酷い状態に…しかも、ときどき例の発作も絡んでいて、苦しい様子。

そんな千鶴は土方さんの役に立とうとしています。

でも、時代が時代なので…新撰組が強いといえども新政府軍に屈しているので、幕府のお偉方は正直な話滑稽だったのでしょう。それとも、捨て駒としか見ていなかったのでしょう。正直、この時期の幕府にはそういう威厳が見られないのですよね。

そして、僕にとってはこの選択肢だけは使ってほしくなかった。「甲府城の守り」の命令。近藤さんももう、騙されてほしくないのですが…やっぱり、信じ込んでしまう。そして、周りもそれに従うことに…

原田さんあたりが「一度考え直してください!」と言ってほしかった。

そして、最近の行動が怪しい山南さんだけが屯所に残ることに。
…って裏切りのにおいがぷんぷんするのですが。

最近の山南さんは市中の見回りと称して辻斬りをしていたり、千鶴が鬼だと知ると血を分けて迫ってくるし…何という恐ろしい人に変貌したのか。

次回は甲府でのお話ですが…これからは鬱展開しかなさそう(--;)

というわけで、次回は「おとめ妖怪ざくろ」の記事を書きますね…

それでは、また。




テーマ : 薄桜鬼
ジャンル : アニメ・コミック

STAR DRIVER 輝きのタクト 1話 感想

今期の日5も引き続きネタアニメということでいいのかな?

ということで、「バクマン」の録画を失敗した始まった僕にとっては初めての新作アニメ。

まず、感想と行きたいのだけど…

情報量が多すぎでこっちがついていけれません!!

そうですね…PVを見ていた限りでは何となく熱い主人公っぽそうかな?と考えてはいましたが、これほどとは…

鉄のラインバレルの主人公をふと思い出してしまった…

ということで、あまり考えずに見てみると、それなりに面白いのですが…

設定やその他もろもろの謎が解決されていないのを見ると…これは5~6話くらいまではこの調子が続くだろうなあ・・・と考えてしまう。

それからが、本編になりそうなのでむしろもう少し雰囲気や熱いバカ主人公を楽しむのもいいかも。

でも、「銀河美少年」を自分で行った時はワロタwww

女子高生 -Girls High-でも主人公は「中学の核弾頭」と名乗っていましたが、それを何百万倍もの痛さを…

ま、これもネタとしてはいい演出ですけど…紀田君何をやっているの?池袋に戻らないと!!

次回は「おとめ妖怪ざくろ」を書きます。

感想記事は
「STAR DRIVER 輝きのタクト」
「おとめ妖怪ざくろ」
「薄桜鬼 碧血録」
あたりでも書こうと思っています。それでは~

テーマ : アニメ
ジャンル : アニメ・コミック

けいおん!!についての総評

こんばんは。今回はアニメについてでも語っていこうかな?とでも思います…
今回のテーマは「けいおん!!とは?」ということで語りたいと思います。
若干、個人的な感情や主観はあると思いますが、最後まで目を通していただけると嬉しいかと思います。

①"けいおん!"はどういうところを感じるべきなのか?
僕は「けいおん!」の原作を少し読んだことがあります。私がそこで感じたものは
けいおん!は今、何も楽しくない青春時代を過ごしている人へのメッセージなのでは?

唯も1期の最初の時点では唯もぐぅたらとしたいわゆる何もない、
単なる「新鮮さがない青春時代」を送っていたのです。

ですが、軽音部を通して唯には「楽しい青春」ということを学びました!

一番いい例は今まで、唯は何に対しても憂に頼りっぱなしでした。(憂に何でも頼りっぱなし…)

でも、軽音部と接していくうちに唯にもやりたいこと=ギターを弾いて、学園祭ライブに出る。

ということで、憂がご飯の用意をしてもギターの練習をするという成長が見受けられました。

そういう意味ではけいおん!は「唯の成長する物語」として、十分に成り立っていると思います。

②日常アニメという定義とは?
日常アニメとはなるべく「現実的、かつ少し現実とはずらして面白おかしく見せるもの」と思っています。キャラの卒業も自然だと思いますし、部活やら1人暮らしでお隣さんが卒業するということになるとしたりとかは寂しく見せるのも自然ではないでしょうか?

「けいおん!!」の場合は最終回の卒業し近づいていくに従って、梓が中心の回はもうすぐ先輩たちが卒業していくんだ…という、寂しげな感情や番外編での憂や純ちゃんと練習している梓を憂が嬉しそうな…だけど悲しそうな描写が良かったとは思います。

確かに…悪い面もいくつかありましたが、全体を通したら「唯の成長」という意味では良かったのでは??

もう少し語りたいのですが、何せ時間も時間だしこれくらいにしようかなぁ?

本日のランチ【第1回】

こんばんは。季節の変わり目で、半袖は少し寒い季節ですがお体にはお気をつけて…

さて、僕は大学生。趣味は食べることとアニメ鑑賞、自作小説なのですが…今回は今日の昼食でもみせようかな?

大学生はそれこそ懐事情も厳しくて、うちの大学の周りにもそこそこ食べ物屋さんがあるのですが…

半分も行けていない状況(^_^;)。まあ、週4日は学食で節約して金曜でも贅沢をしたいなあ…と。

今回は結構好きな学校の近くのパスタ屋「ウサミパスタ」さんに行ってみました。

パスタ屋といってもそこまで席はなくて、ちょっとしたお店みたいな感じ。でも、お会計の時とかでお話をします。見た目はまじめそうでも、結構話してみると気さくな方って多いですよね…

このお店はメニューが週ごとに変わっていて今週は「スープパスタとクリームソース系」
…ってあれ?今日はスープパスタが変わっている!!残念…

というわけで、僕はスープパスタに変わっていたトマトソース系のパスタを注文。
最初に出てきたのは…ゴーヤのフリッタータとニンジンのサラダ
101001_1232~01
ちょっと見えにくいかな?携帯カメラ&手ぶれが僕は酷いので…

ゴーヤってどうしても苦味が消えないのですよね…でも、これは食べれましたよ。
結構、ふわふわしていていい感じなのですよね…

ひととおり、食べたところにメインのパスタが登場!
トマトソースにモッチェレラチーズ(?)が載っているパスタが登場。
ちなみにここは手打ち麺の時もあるので、今回はそれも食べたかったのでこっちを。

101001_1238~01

う~ん!モチモチしてしておいしい!!
トマトソースの甘みとチーズにあった酸味がちょうどいい具合なのですよね…

帰りぎわに店長さんが学生の方にももっと来てほしいですね…と言っていました。
でも、お値段も750円(大盛りは+200円)だから余裕のある人か僕みたいに食べるのが好きな人じゃないとちょっときついかも…

まあ、次回もこんな感じで金曜はお送りしたいと思います。

プロフィール

全力丘

Author:全力丘
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。